スタッフブログ

夏もそろそろ終わり(2022/09/15)

こんにちは

在宅支援センターからお届けします。

 

9月になり、暑さも少しずつ和らいできました。

みなさんは元気にお過ごしでしょうか?

 

私は今年の6月より回復期リハ病棟から在宅の通所リハビリテーション部の一員となりました。

異動して3ヶ月が経ち、やっと利用者さまの顔と名前が一致するようになってきたと思います。

 

先日、利用者さまが近くのスーパーまで歩いて行くことができたと話されており、その時の達成感に満ちた表情がとても印象的でした。

暑い日が続いていたことで食欲がなく、体力も低下していた方ですが、日々努力されて目標を達成された姿をみて、私自身も元気をもらっています。

これからも利用者さまが少しでも目標を達成できるようにサポートしていきたいと思っています。

 

まだまだ暑い日もありますが、体調に気をつけてお過ごしください。

 

写真は利用者さまが作成したカレンダーです。

(在宅支援センター)

ぶどう狩り(2022/09/08)

こんにちは。3病棟看護師です。

 

9月になりましたが、まだ暑い日が続きますね。

私は先日、須金まで梨・ぶどう狩りへ行きました。

夜勤明けで眠たかったですが、私は梨とぶどうが好きなので苦ではなかったです。

 

自分でどれが大きいのか、美味しそうなのかを見比べながら選ぶのが楽しいですよ。

ぶどうは安芸クイーンと言うのが赤くて可愛いし、大粒で甘くて美味しくておすすめです!

最近は家に帰って毎日食べて仕事を頑張っています。

 

家にあるものがなくなってきたら道の駅にも美味しそうで安い梨やぶどうがあったので狙っているので

平日の人が少なそうな時を狙って行ってみたいなと思っています。

皆さんもぜひ日頃の疲れを取るために美味しいものを食べて下さい!

梨・ぶどう狩りも楽しいので是非おすすめです。行ってみてください。

 

(看護部 3病棟)

オンライン就職説明会(2022/08/18)

86日にリハビリテーション部の第1回オンライン就職説明会を開催しました。

 

私は去年の4月に入職し、1年と4ヶ月が経ちました。現在就職を考えている学生さんに

年齢が近いということもあり、今回の就職説明会に参加させていただきました。

 

徳山リハビリテーション病院の魅力・特徴として、スタッフ同士の仲が良く、

他職種連携ができていること、リハビリハウスという実際の自宅と同じような造りになっている

場所があり、退院後に必要になる動作(調理や掃除といった家事練習、床上動作、段差昇降)など

実践的な練習を行うことが出来るということを伝えました。

 

当院には、ベテランのスタッフも多く在籍していますが、若いスタッフも多いため臨床場面だけでなく、

プライベートに関してもサポートして下さる方が多いことも魅力です。

 

1回の説明会では、質問をして下さる学生さんや笑顔で説明内容を聞いてくださる学生さんも多く、

私自身も皆さんの前で自分の経験や思いを伝えるという、貴重な経験をさせていただくことができました。

 

917日にオンラインにて第2回就職説明会を開催予定なので、就職を考えられている学生さんは是非是非参加してみて下さい!

 

(リハビリテーション部 3病棟)

ヒマワリ(2022/08/12)

こんにちは、総務課です。

 

連日の猛暑に夏バテ気味の今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

先日、笠戸島にヒマワリを見に行って来ました‼︎

抜けるような青空の中で咲くヒマワリは、見ているだけで元気を貰え、明るい気持ちにしてくれます😊

 

コロナ禍で、先の見通しがつき辛い状況が続きますが、明るく前向きに•••乗り切りましょう‼︎

 

(総務課)

新人 理学療法士です。(2022/07/22)

こんにちは。

2病棟所属の新人 理学療法士です。

 

今年は例年と比べ早い梅雨明けで

30℃を超える蒸し暑い日々が続いていますね。

患者さまと「今日も暑いですね~」というような話をよくしたり

あちらこちらで耳にします。

 

この度4月に入職し

最初は緊張と不安でいっぱいでしたが

優しい先輩方や患者さまのおかげもあり

徳リハの雰囲気に慣れることが出来たように思います。

 

臨床では、新しく覚えることや分からないことが多くあり

悩むことも沢山あります。

自分でも気が付かないうちに焦ってしまっているようで

ひとりで空回りしてしまうことも、しばしばありますが

そのような時は、頼りになる先輩方から助言をいただきながら

状況を整理し学んでいくよう励んでいます。

 

入職して数カ月でまだまだ知識・技術の不足はありますが

自分が今できることを考え

徳リハの理念である「高度なリハビリテーション医療を真心こめて」

が出来るよう真摯に患者さまと向き合っていきたいです。

そして、私の目標として挙げている

「患者さまや職員から信頼してもらえるセラピスト」になれるよう

頑張りたいです。

 

(リハビリテーション部 2病棟)

 

梅雨が明け、夏本番!(2022/07/14)

こんにちは、薬剤科です。

短い梅雨が明け、夏本番となりました。

私は毎年のことながら、屋外活動によるうっかり日焼けで
コンガリした肌色になりつつあります。

そこで自分用の勉強もかねて、日焼け対策についてお届けします。
(参考;日本皮膚科学会HP)

________________________________

紫外線(Ultraviolet、UV)は波長の長い方からUVA、UVB、UVCに分けられています。
地表に届く紫外線は少量のUVBと大量のUVAです。

<紫外線が人体に与える影響のうち、良い面>
〇ビタミンD生合成
〇光線治療

<紫外線が人体に与える影響のうち、悪い面>
✖急性傷害
サンバーン(皮膚が赤くなる)、サンタン(皮膚が黒くなる)
✖免疫抑制

✖慢性傷害
光老化:シミ、しわ、良性腫瘍
光発癌

✖光線過敏症

_________________________________

★日焼けから身を守る物理的方法
・日傘を使用する
・広いつばが全周にある帽子の着用
・長袖、長ズボンなどの着用
・日焼け止め(サンスクリーン剤)を塗る

★サンスクリーン剤の選び方
・SPF(Sun Protection Factorの略)・・・UVBに対する防御効果を表しています。
⇒ SPF30の製品を規定量つけた場合、20×30=600分=10時間、日光に当たって、始めて翌日赤みが出るという指標。

・PA(Protection Grade of UVA)・・・UVAに対する防御効果を表しています。
⇒ +から+++の3段階があります。
PA+:UVA防止効果がある、PA++:UVA防止効果がかなりある、PA+++:UVA防止効果が非常にある、という意味です。

★晴天下のスポーツ、海水浴などでは、SPF20、PA+++のものを目安に選びます。
正しい使い方としては規定量、例)顔には真珠の玉2個分位を全体にのばします。
また3時間に1回くらい塗り替えるほうが確実です。

SPF値が高いものであれば多少とれても効果がありそうですが、
あまりに高い数字のものはどうしてもサンスクリーン中の成分が濃くなりがちです。
やはり状況に応じて適当な強さのものを、きちんと塗る方が良いでしょう。

塗る場所として顔はもちろんですが、意外と忘れやすいのはうなじや、耳たぶ、胸、首、手の甲です。
これらの部位にもきちんと塗りましょう。

ご参考になれば幸いです。

 

(薬剤科)

収穫を楽しみにしています(2022/07/07)

こんにちは。

在宅支援センターです。

 

今年も梅雨入りし、ジメジメとした日々が続いています。

そのような中でも、利用者さまのお宅に送迎で伺うと

きれいな花々を見ることが出来、心が穏やかになります。

また、野菜を作られている方もおられ、成長を見るのも楽しみです。

今年も、コンニャクイモの芽が伸びていました。

見るのも珍しく、この芋からこんにゃくが出来るのかと不思議な気持ち

ですが収穫を楽しみにしています。

6月より新しく職員も増え、蒸し暑さに負けず利用者の皆さまと一緒に

体操をして気持ちの良い汗を流しています。(暑い)

 

夏に負けない身体作りが出来るといいですね。

 

(在宅支援センター)

(2022/06/21)

こんにちは。託児所「じゃんぷ」です。

初夏の暑さ増す中、子ども達は元気一杯に過ごしています。

さて先日、託児所のベランダを一新!
新しい砂を足したのと、人工芝を一新!
きれいなものに変えました。

ふかふかの芝と砂に子ども達も大喜び!
たくさんの砂に子ども達も日々「何作ろうかな」「何して遊ぼうかな」
と想像力を膨らませているように感じます。

ふかふかの芝はベランダで走って転んでも安全で子ども達も元気に活動することができます。
そのベランダでは昨年に引き続きプランター栽培を行っています。
毎日、子ども達自らが水をあげ、大きくなっているのを日々一緒に温かく見守っています。

ある日子ども達の目線でカメラを向けてみました。
子ども達同士がプランターの作物を通し、和やかな時間が流れていることが感じとれますね!

夏に向け収穫が楽しみです♪

(事務部 保育課)

梅雨(2022/06/14)

こんにちは。
今回の担当は2病棟看護部です(^_^)

ついに毎年恒例の梅雨が
今年もしっかりやってきましたね。

患者さまとも「雨ですね」「じめじめしますね」なんていう会話をあちこちでしています。

みんなから嫌がられる(?)ことの多い梅雨ですが、
わたしも割と結構嫌です。(笑)

しかし、梅雨のおかげか何のおかげかわからないですけれど、
先日、かたつむり🐌と出会えました。

塀にぺとってくっついていたんですけれど、久しぶりに本物を見た気がします。
昔はよく見つけていたのに、最近ではレアキャラではないですか?

日本にいるかたつむりは約800種類にもなるそうです🐌
大きさや巻き方などから見分けることができ、
山口県に生息しているのはウスカワマイマイやニッポンマイマイなど🐌

ぐるぐるしたお家の中には、肺や心臓などの大事な臓器を詰め込んでいるそうなので
いいお家だからと無理矢理奪おうなんてことはしてはいけないですね🐌
気をつけます🐌

みなさまも、じめじめした梅雨の日々にも、楽しみ🐌を見つけながら過ごせますように(^_^)

(看護部2病棟)

水無月(2022/06/13)

6月に入り梅雨の時期になりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

日本では明治初頭より陽暦(新暦)を採用し、1年の12ヶ月を数字で表しています。
今月は「6月」。
それまでの旧暦では和風月名と呼ばれる季節感のある名前で各月を表現していました。
旧暦で表すと今月は「水無月」です。

梅雨で雨が多くなるこの時期に「水が無い月」とはなぜ?と思い調べてみました。
諸説あるようですが、「水無月」の「無」は「の」にあたり「水の月」の意味になるようです。
また、田植えが済んで田に水を張る月なので「水張月」、雷の多い時期でもあるので「鳴雷月」
雷や稲妻は神が姿を現しているとも考えられたため「鳴神月」とも呼ばれたようです。

他にも「風待月」「涼暮月」「蝉羽月」等々。どうしてその名になったのかな?と想像するような
趣のある呼び名が多くあります。

雨が多く、湿度も高くなる季節ですが、由来を調べたり、想像してみたりして過ごすのも楽しそうだな
と思っています。

みなさんも、ご体調を崩されないよう水無月をお過ごしください。

(医療クラーク課)