ご来院の皆さまへ入院の対象となる疾患

医学的リハビリテーションには急性期・回復期・維持期の3つの段階があります。
回復期リハビリテーションとは、発症1か月を目処とした急性期リハビリテーションの後、疾患管理に留意しつつ、能動的で多彩な訓練を中心とするリハビリテーションのことを指します。
脳血管疾患・脊髄損傷・大腿骨頸部骨折・廃用症候群などを対象に、従来の訓練室中心の訓練だけでなく、病棟を中核に据えた訓練を行い、患者さまの家庭・社会復帰を目指します。

入院の対象となる患者さま

対象となる疾患 発症後又は手術後 入院期間(※)
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷、等の発症後若しくは手術後の状態または義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内の患者さま 150日以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷の状態 180日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節の骨折又は2肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 90日以内
外科的手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内の患者さま 60日以内
股関節又は膝関節の置換術後の状態 90日以内

入院手続き

当院への入院は、他医療機関からの紹介が必要となります。
入院をご希望の患者さま、ご家族はまず、現在の主治医または入所施設に相談されて下さい。
ご紹介をうけた患者さまにつきましては、医療相談員との入院相談をし、医師の判断にて入院予約の可否を判断いたします。