スタッフブログ

大正琴(2019/11/06)

みなさん、こんにちは(≧▽≦)11月に入り朝晩は冷え込んできましたね・・・。
寒いのが大の苦手な私にはとっっっっても辛い季節になりました(>_<)これからは「貼るホッカイロ」が私にとっての必需品になります...(^o^)丿息子のサッカーの試合では、多い時には10箇所ぐらい身体に貼って応援しています(-_-)
みなさんはどんな寒さ対策していますかもし良い寒さ対策があったら教えてくださいね(^_-)-☆

話は変わりますが、みなさんは『大正琴(たいしょうごと)』をご存知でしょうか
左手で音階ボタンを抑えて、右手で弦を弾いて演奏する楽器で、比較的高い音域で演奏ができる楽器だそうです・・・私は初めて知りました(笑)
その『大正琴』を、なんと先日ご利用者様のご家族のご厚意で、通所内で披露していただきました普段聞けない演奏で、とてもキレイな音色に、ご利用者様・職員も聞き入ってました(^^♪
また、お話もとっても上手で、ご利用者様からのアンコールにも快く答えてくださって、懐かしい曲も演奏してくださり、とっても楽しい時間が過ごせました
みなさんも、ぜひ機会があれば『大正琴』を一度は経験されてみてください(*^^*)

令和元年も残すところ2か月弱となりました・・・。年末年始を楽しく過ごせるように、日頃から予防して体調を崩されないように過ごしてくださいね

(在宅支援センター)

健康管理(2019/09/17)

こんにちは
まだまだ暑い日が続きますが、皆様はどのようにお過ごしでしょうか?
私は先月の8月24日~25日に福岡県で開催された『認定訪問療法士 第18回認定基礎研修会』に参加させて頂きました
研修会では訪問療法士として必要なマナーやリスク管理の方法、他職種との連携方法、介護保険などについてとても重要な事を学びました参加者の多くは中国地方~九州地方の方が多く、ディスカッションではそれぞれリスク管理・他職種連携・リハビリテーションマネジメントについて行い、それぞれの事業所での経験や疑問点などを話し合いました
今回研修で学んだことを、職場の仲間と共有しよりよいリハビリテーションを提供出来るように切磋琢磨して行きたいと思います
また、皆様におかれましては季節の変わり目ではありますので、体調の変化には十分に御注意下さい
健康管理と言えば・・・・・私は最近運動不足で体は不健康で体重も徐々に・・・(笑)。
さて、我が家ですが去年の12月に新しい家族を招き入れて半年以上が経ちました

もうすぐ9月15日で1歳になる我が家の愛犬ですが、最近は愛犬と散歩に行く事で運動不足の解消を図っています
小型犬なのでそれ程遠くには散歩に出かけませんが(あまり長い距離を散歩すると飼い主が大変です・・・笑)、時間がある時には極力お散歩に行くようにしています
ただ歩くとなるとなかなか辛いものがありますが、愛犬との散歩であれば気分も紛れていつもより気持ちよく歩く事ができています
これから涼しくなりますので、お散歩に行くのは丁度よい季節になり嬉しい限りです
散歩を続けて少しでも健康な体を目指して日々頑張っていきます
皆様もこれから“スポーツの秋”になりますので、一緒に健康的な体作りをしていきましょう

(在宅支援センター)

夏の風物詩(2019/07/18)

こんにちは(*^-^*)ジメジメした日が続いていますが、皆様、体調管理に気を付けてくださいね!(^^)!
さて、私事ではありますが( ;∀;)今年の101回全国高校野球選手権大会の季節がやってきました

我が息子ですが、今年最後の夏大会となります今まで苦しいことが沢山あり親子喧嘩も多々ありました悔いのないように、残り少ない高校野球を全力で臨んでほしいと思っています頑張れ母は応援するぞ笑笑
7/13より熱い戦いを是非テレビ中継などありますので、一緒に応援しましょう(*^-^*)

さて話は変わりますが、通所にて作業活動をしています。夏に向けて風鈴を制作しています(*^-^*)
色々な状況の利用者様に合わせて、手作りの物を少しでも自分で作り、自宅の部屋に
素敵な音色を鳴り響かせてもらいたいな(#^.^#)との思いで、企画しています
是非( ´∀` )素敵な作品になると思いますので、スタッフ一同、気持ちを込めて頑張ります

(在宅支援センター)

Re.は~と(2019/05/21)

 

令和元年

皆さんは改元の瞬間をどのように過ごされましたか?

平成を懐かしく振り返りつつ新元号を向かえ、気持ちを新たに新しいことを始めるにはぴったりの時期ですね

 

そんな中、在宅支援センターでは改元に先取り4月から通所リハビリテーションにて新しい取組み『Re.は~と』を始動しています

『Re.は~と』は高次脳機能障害や認知症がある方を対象に注意力、記憶力の改善を図りつつ、グループ活動の中で「自分ができること」、「苦手なこと」を含めて自分の力に気付いてもらい地域や社会での活動の場を広げるきっかけ作りを支援しています

 またご家族との連携や協力にも重点を置いて在宅生活で困っていることや不安に感じていることなど、ご家族の気持ちに寄り添いサポートできるよう取り組んでいます

 

利用者の方からは同じような障害を持つ方と交流することで安心して話が出来る、高次脳機能障害でも個々人で症状が違うことに気づかれるなど様々な反応がみられています。

まだまだ始動したばかりではありますが、これから利用者の皆さんが役割を持って取組み、在宅や地域での生活を安心して笑顔で過ごせるよう支援していきます

 

令和もよろしくお願い致します

     

(在宅支援センター)

『春』(2019/03/05)

皆様、こんにちは

在宅支援センターです。

 

ついに花粉症の季節がやってきました

1年中なんらかの植物の花粉が飛んでいるとは言え、

この時期のスギ、ヒノキの花粉に悩まされている方は特に

多いのではないでしょうか

 

環境省の花粉症環境保健マニュアルによると、

マスクを着用しておけば花粉を吸い込む量を3分の1から

6分の1に減らせるとのこと

眼鏡の着用も、通常の眼鏡をかけているだけでも目に入って

くる花粉を約40%カット、防御カバーのついた花粉症用の

眼鏡では約65%カットもできるようです

ぜひ試してみて下さい

 

さて、新元号の発表まであと1ヶ月

私事ですが、4月中旬頃より産休・育休を取らせていただく

ことになっております

年度初めの忙しい時期に申し訳なさを感じつつ・・・

1年後、無事に復帰できるように初めての出産、育児を

頑張りたいと思います

 

通所リハビリテーションのご利用者様お手製の雛人形。

いろいろな雛人形があって可愛いですね

(在宅支援センター)

我が家の年末年始(2019/01/09)

皆さんは年末年始をどうお過ごしでしたか?

我が家では12月に愛犬が血尿を出し、慌てて病院へ行ったところ『膀胱結石』と

診断されクリスマスイブに手術しその後3日間の入院となりました。

4㎏弱の小さな身体から1㎝大の石が2つも出てきました。

  

毎年年始は愛犬たち(我が家には4匹のトイプードルがいます)とともに家族で

初もうでに出かけるのですが、今年は術後で抜糸もまだであったため、

どこにも出かけず家でまったりと過ごしました。

現在は抜糸も済み、食事療法で様子観察をしていますが、元気は取り戻したようです。

4匹がにぎやかに遊んでいます。

今年は春に家族が増えます。家族みんなが(愛犬含む)元気で、

笑って過ごせる1年になればいいなぁと思った年始でした。

 

(在宅支援センター)

狐の嫁入り(2018/11/08)

 みなさん こんにちは (≧▽≦) 11月に入り立冬を迎えましたが、

日中は過ごしやすい日々が続いていますね

 そんな中、毎年下松市で113日に開催される「奇祭」と言われる

『花岡福徳稲荷杜のキツネの嫁入り』に参加して来ました

 この度は、長男のパレード参加について行きました。可愛い白塗りの狐のメークをしてもらい、

はっぴを着て、ハチマキをして、シンバルを手に練り歩きました (≧▽≦)

 大太鼓や小太鼓を抱えた園児も頑張って歩く姿は、微笑ましかったのと合わせて、

力強く歩く姿に逞しささえ感じさせてもらえました

 祭りは出店などでにぎやかな中、神輿や嫁入り行列、結婚式を挙げ無事終了です

 最期は餅まきでフィナーレです(*^^*)

沢山の観光客の中、折り畳み椅子持参の夫婦発見 

うちの利用者さん夫妻が孫の姿を見に来られていました (^_-)-☆ 準備の良さにびっくりしました

 今年も残すところ2か月をきりましたが平成最後の冬風邪などひかず過ごしてください

 (在宅支援センター)

転倒予防指導士とは?(^_^)v(2018/09/11)

皆さまこんにちは

 

今回は在宅支援センターが担当をさせていただきます。

先月、病院内のスタッフ2人と共に研修に参加し、転倒予防指導士の資格を取得する事が

出来ました

転倒予防指導士とは、社会に転倒に対する正しい知識と経験を啓発し、人々の健康増進に

寄与することを目的につくられた資格です。

 

今回の資格取得で学んだことをお伝えしようと思います。

在宅生活、入院中に限らず転倒は誰にでも起こる可能性があります。

60歳以上の4人に1人は1年間に一度は転倒しているとの報告があるほど、転倒の危険性は生活の中に溢れています。

しかし、歳を重ねると体力や筋力が落ちてしまうため、転倒することを完全に防ぐことはできません。

転倒を大きな事故にしないために、

  1. 転倒しにくい身体づくり

  2. 転倒を怪我に繋げない環境づくり

  3. 転倒を防ぐ体制作り

が重要であると学びました。

まずは転倒しやすい方の把握ができるように、当院の通所リハビリでも今月から利用された方に

対して転倒スコアをつけさせて頂き、自宅での転倒歴を把握するようにしています。

通所リハビリの利用者様が少しでも、安全に毎日が過ごせるように支援していこうと思っています。

皆さまも足の筋力を落とさないように120回のスクワットから始めてみてはいかがでしょうか

 

まだまだ暑い日が続きます、体調に気をつけてお過ごしください。

(在宅支援センター)

スタッフ紹介(^_^)v(2018/05/22)

こんにちは

在宅支援センターです。

 大型連休も終わりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

まだまだ、朝と夜の気温差が大きいのでお身体に

気を付けてお過ごしください

 話は変わりまして、今年度に入り就職や入学と新しい生活をスタートした方も多いでしょう

在宅支援センターにも新しい職員が2名加わりました

 握力は40kgあります!

   腕相撲は誰にも負けません!(笑)                    

 リハビリのことならお任せください!

私も、通所リハビリで働きだしてまだ1年ぐらいです。

初めは仕事内容はもちろん利用者様とどのように関わっていけば

いいのかも分からず不安な毎日でした。

周りの方々に助けていただきながら、少しずつ成長してこれたように思います

 これからも、利用者様に寄り添いながら在宅支援センターを、活気ある職場にしていきたいです。

よろしくお願いします。

(在宅支援センター)

 

別府鉄輪温泉へリベンジです?(*^^)v(2018/03/15)

皆様、こんにちは(^^

少しずつ春の訪れを感じるこの頃ですが、朝晩はまだ冷えますので、

皆様体調にお気を付け下さい今回の担当は、在宅支援センターです。

30年度は、診療報酬・介護報酬が同時に改定されるため、

各部署において改定に向けた準備に追われています

この3月から4月にかけて忙しい状況が続くと思われますので、皆で頑張っていきましょう

 在宅支援センターの中の居宅支援事業所での出来事について、少し書きます。

私達居宅介護支援事業所は、H29年度より様々な要件を満たし、

特定事業所として業務を行っています。人員体制や研修の実施有無、

困難な事例に対する支援の提供状況などが要件となり、他に「24時間連絡体制を確保し、

必要に応じて利用者などからの相談に対応できる」という要件も満たす必要があります。

 今年1月のある日、私の担当利用者様の介護者様が救急搬送され、

利用者様が自宅に一人残されるという事態が発生しました。

23時過ぎ、某総合病院からこの状況について連絡を受けましたが、

私が居た場所は大分県別府市鉄輪温泉でした

「ええっ、どうしよう…」頭が一瞬真っ白になりました。

申し訳ない気持ちで事業所管理者へ電話連絡したところ、快く報告を聞いて下さり、

さらにはその利用者様宅へ駆け付けて下さる事になりました

その後、連絡を取りながら、利用者様の無事を確認する事が出来ました。

 特定事業所である以前に、利用者様の立場になるとこのような対応は

必要不可欠であると感じた出来事でした。しかし頼れる管理者や事業所同僚の存在、

また自分自身のモチベーション維持など、様々な状況が整っていなければこの対応を初め、

ケアマネ業務を続ける事は難しいと感じます。

自分自身も職場内で頼られる存在になる事が出来るよう、利用者様に寄り添いながら

丁寧に仕事をこなしていこうと感じています。

また私は、モチベーションを維持するために休日は出来るだけ外出しリフレッシュしています。

先日は長門市仙崎の「センザキッチン」へ行ってきました。

景色は良いし、お魚は美味しい!(^^)!

      

さぁ、今週末は再度別府鉄輪温泉へリベンジです。楽しんできま~す(^^)/

 

(在宅支援センター)